悩んでいるなら治療しよう|ワキや手の多汗症は美容整形で即解決

医者

症状が軽度な人に有効

カウンセリング

飲み薬で対策

美容整形外科では、制汗剤を使った多汗症の対策も推奨しています。様々な事情によって多汗症の治療でレーザー治療や外科手術ができない場合は、こういった外用薬を使って対策をすることが大切なのです。市販されている制汗剤よりも、効果のある外用薬が処方されているので、相談してみましょう。他の治療と併せて使うこともできます。塗り薬以外には、飲み薬も有効です。抗コリン薬というものがあり、多汗症の治療にはよく使われています。これはどういった効果があるのかというと、交感神経に作用します。汗腺は交感神経の動きに影響されますので、交感神経の活発な働きを抑制すれば多汗症は軽減します。抗コリン薬は交感神経に働きかけますが、飲み薬には副作用もありますので、飲むタイミングには注意しましょう。飲むタイミングとしては、人前に立たないような仕事をする際や、いつでもトイレに行けるときです。なぜなら抗コリン薬には口が渇いたり、排便作用があったりするからです。この飲み薬はあくまでも一時的な対処に使うものなので、長期的な治療に使うことはあまり考えないようにしましょう。

塗り薬に配合される成分

制汗剤は美容整形外科で処方されているものを使うことで、症状が改善に向かいます。外用薬も希望すれば処方してくれますが、どんな成分が含まれているのかをチェックしていきましょう。塩化アルミニウム軟膏はその一つで、その名の通り塩化アルミニウムが含まれています。これを塗ることで、汗孔の形状が変わるのです。形状を変えると、汚れも溜まりにくくなり、汗も出なくなります。臭いもしにくくなるのですが、これは殺菌作用を塩化アルミニウムが担ってくれるからです。雑菌が繁殖しにくい状況を作り出すことで、臭いは抑えられます。塩化アルミニウムの他にはハッカ油やミョウバンが効果を発揮するといわれています。ハッカ油にはミントが含まれているのですが、これを使うことで身体の温度が下がったように感じられます。お風呂後の発汗に悩む人は利用すると良いでしょう。ミョウバンはボトックス注射がもつ筋肉を縮小する効果を少しもっているので、軽度な人は対症療法で使うと良いでしょう。これらの薬や成分を身体に塗ることは、軽度な多汗症の人に有効なものです。しかし重度な人の場合はやはり美容整形外科で治療を行なうのが適切でしょう。