悩んでいるなら治療しよう|ワキや手の多汗症は美容整形で即解決

医者

根本原因を知り対策する

ドクター

精神面が原因

多汗症はプチ整形手術ともいわれるボトックス注射で簡単に治療できる症状です。しかし、ボトックス注射は効果の持続期間に制限がありますので、やはり根本的に原因を知ることが治療への第一歩です。もちろん、半永久的な効果をもたらす汗腺除去やレーザー治療もできますが、やはり頭部の治療にもみられるように、手術が難しい部位もあります。原因を知ることで、完全な治癒を目指せるので、この病気のことについてよく知るようにしましょう。頭部の治療については、精神的な対処が行なわれることが多いです。汗をかく原因としては、感情の変化が挙げられるからです。緊張したり不安になったりすると、誰でも汗をかきます。これが異常な状態になると、多汗症になってしまうのです。常に交感神経が活発になっているということは、汗腺の動きも活発になるということを指します。潔癖症な人や真面目な人ほど精神性の多汗症になりやすいので気をつけましょう。

病気が影響している

汗腺の動きが多汗症に影響しているということは、交感神経や身体の臓器がその動きに影響を与えていることが多汗症の原因として考えられます。精神面以外では、病気やホルモンバランスの崩れが影響しているのです。病気になると代謝の能力が落ちてしまうため、それを取り戻そうとして交感神経が活発に動くため、汗を多くかいてしまいます。これは寝不足やストレス過多によりホルモンバランスの不調によっても起こりえますので、自律神経の正常化のためにも規則正しい生活をすることが大事なのです。そして食事も大きな原因です。これは生活習慣と重なるところがあるのですが、食事のバランスがよくないとホルモンバランスも崩れてしまいます。また、カフェインなど興奮する作用がある成分ばかりを摂取していると、自律神経の動きが狂ってしまいやすくなるのです。そういった生活習慣に関連する原因が見当たらない場合、遺伝の影響が疑われます。親からの遺伝は50%の確立で起こるといわれていますので、かなりの高確率です。身体の組織を作る際には遺伝の影響は大きいですので、現在そういった症状を感じない人でも汗のレベルをチェックしてみることは大切になってきます。また、精神的な治療で多汗症の治療が完了する人もいますが、ホルモンバランスや自律神経の状態で再発することもありますので、治療と並行して自分で生活を整える取り組みもしていきましょう。