悩んでいるなら治療しよう|ワキや手の多汗症は美容整形で即解決

多汗症の悩みから解放治療でしっかり治す

症状を調べる

汗に関する悩みを抱えているなら、まずはレベルチェックをしてみましょう。運動を特にしていないのにも関わらず、汗がしたたり落ちるレベルであれば、多汗症の治療が推奨されます。

根本原因を知り対策する

病気が関係して多汗症になる場合があります。美容整形外科で気軽に治療ができるとはいえ、原因をしっかり自覚し、対策することができないと再び悩むことになってしまいます。

症状が軽度な人に有効

じんわりかく湿った汗が苦手という人は、治療のために美容整形外科で処方している多汗症対策ができる薬を処方してもらいましょう。飲み薬の場合は副作用に気をつけて飲むようにしましょう。

カウンセリングが重要

相談しやすい医師であれば多汗症の治療を安心して任せることができるでしょう。汗が出やすい場所やその人の生活スタイル、そして希望する手術法に合わせた施術を行なってくれます。

手術の種類が多い

女の人

保険が適用できる

美容整形外科では多汗症の治療も行なっています。美容整形外科で施術を受けても保険治療が適用されることもありますので、悩みがあるなら気軽に相談しましょう。多汗症と診断された場合には保険治療が可能です。保険を適用することで、三割の自己負担で悩みを解決できます。診断が行なわれない場合は全額自己負担となるので注意しましょう。大きな手術をする場合は多額の費用がかかってきますので、できるだけ診断を受けた方が良いです。しかし、保険を適用する場合には様々な条件があり、それを満たすことが必要です。その病院ではボトックスや超音波を使った施術は保険治療の対象とならない手術もありますので、事前に調べてから来院しましょう。しっかり治したい場合は、あまり保険治療にこだわらずに受けることが大切です。どうしても資金面で厳しいという人以外は、自分に合った施術をしていきましょう。もちろん、治療が必要と診断されない人でも受けることが可能です。悩み続けているとその内生活に支障が出ることにもなりかねませんし、より完璧な美しさを目指したいという人が自由に受けることができます。

筋肉か汗腺に働きかける

多汗症の治療としては、汗腺を外科治療によって完全摘出するか、レーザーで除去するといった方法があります。外科手術以外では、外用薬を用いることもありますし、ボトックスで注射をすることがあります。超音波を使った施術も行なわれていますので、治療法は多岐に渡るといえるでしょう。汗腺を外科手術やレーザーで取り除く施術は、汗をかく根本原因を除去することができるというメリットがあります。その分30万円前後の費用がかかってきますので、予算はしっかり考えることが大切です。レーザーよりも完全摘出法の方が費用は安いといえますが、時間がかかります。この完全摘出法だと保険治療を行なっているクリニックが多いので、事前に問い合わせてみると良いでしょう。また、ボトックス注射は大変気軽にできる手術ですが、これは筋肉を動かさないことによって汗をかかないようにさせる効果があります。費用もとても安いので、多汗症なのではないかと気になる程度の人も利用することができるでしょう。